解説奥入瀬渓流

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
パワースポット青森_奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県に流れる日本屈指の景勝地のひとつであり、十和田八幡平国立公園に属する、国指定の特別名勝及び天然記念物となっています。

奥入瀬渓流沿いには、いくつもの「パワースポット」が存在します。

奥入瀬の山中のそびえる「日本一のブナの巨木」は、推定樹齢400年と言われており、樹周りが6.01メートルもあり、神が宿っているような荘厳な雰囲気。

美しいぶなの森、多様な形を見せる川の流れ、そして数ある大小の滝が点在し、自然が作った多彩な癒しの芸術を堪能することができるスポットです。

奥入瀬渓流を散策すれば、様々な景観を眺めながらマイナスイオンを大量に浴びて、癒されることでしょう。


▼所在地
青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流


▼訪れる際の注意
携帯電話は奥入瀬渓流の中ではほとんど繋がらないため、トイレや休憩場所などを事前に調べておきましょう。滑りやすいので、多少のぬかるみや雨にも対応できる登山靴の方が良いでしょう。



TOPPAGE  TOP