解説パワースポットは神道と仏教

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
パワースポットは神道と仏教「パワースポット」と呼ばれる場所には、神社やお寺が多く存在します。

神社やお寺は、神道と仏教という宗教施設であり、昔から"お伊勢参り"などがあったように、「寺社巡り=パワースポット巡り」は、昔から日本人が好きなことでした。

現代の「パワースポット」ブームによって、今まであまり縁のなかった若い人達までもが寺社巡りをするようになりました。

この場合、信仰や宗教とは違う感覚で「パワースポット」として訪れていますが、神社もお寺も聖なる場所であり、最低限の作法は守るべきでしょう。

神社 ・鳥居で一礼してから入る
・手水舎(ちょうずや・てみずや)で、両手と口を洗い、柄杓(ひしゃく)の柄まで洗い流す
・お賽銭を投じた後に鈴を鳴らす
・二礼二拍手一礼
仏閣 ・山門で一礼してから入る
・手水舎で、両手と口を洗い、柄杓の柄まで洗い流す
・お賽銭を投じた後は、頭を垂れて合掌

神様や仏様を敬う気持ちを忘れずに、お作法を守って参拝しましょう。



TOPPAGE  TOP