ポイント解説山形県のパワースポット

point-1出羽三山神社

パワースポット山形_出羽三山神社(でわさんざんじんじゃ)山形県庄内地方にひろがる月山頂上の月山神社、羽黒山頂上の出羽神社、湯殿山中腹の湯殿山神社の3つを合わせ通称「出羽三山(でわさんざん)神社」と呼ばれています。

崇峻天皇の御子、蜂子皇子(能除太子)が開山したと伝えられ、約1400年の歴史を持つ、浄めの山として、日本のパワースポットを代表する場所でもあります。


▼所在地
山形県鶴岡市羽黒町大字手向字手向7


▼訪れる際の注意
出羽三山の羽黒山・月山・湯殿山は、それぞれ個別に訪れるよりは、出羽三山を合わせて巡る方がパワーが増すようです。




point-2宝珠山 立石寺

パワースポット山形_宝珠山 立石寺(りっしゃくじ)宝珠山 立石寺(りっしゃくじ)は、比叡山延暦寺の別院として860年(貞観2年)に円仁(慈覚大師)が開山した通称山寺と呼ばれる寺院です。

1015段ある石段を一歩一歩あがるたびに煩悩が消えていくと言われています。古くから悪縁切り寺としても信仰されています。

松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだことでも有名な場所です。


▼所在地
山形県山形市山寺4456-1


▼訪れる際の注意
山の急な斜面にお堂が点在しているので、奥の院まで行くためには傾斜がきつい階段を上らなくてはなりません。




TOPPAGE  TOP